So-net無料ブログ作成
検索選択

コロンビア大学 留学・語学学校 [出願理由書 書き方 スタンフォード大学]

usaclub01.jpg

申請書類はどのような英文で書いてよいかわからず、ありきたりな文章しか書けなかったとしても、 ネイティブが好む英文が書けるようになり、評価される申請書類を作ることができる方法がこちら







あなたも、↓の中に思い当たることがあるんじゃないかと思いますが、





warkshop2.jpg

語学学校に行って経験を積んでいる余裕がない

■自分のことを英語でうまくPRできない

■説得力のある英文を書けない

■どうすれがGREのスコアが伸びるのかよくわからない











留学に必要な申請書類を用意するのは、実は難しいことではありません。


たとえ、英語に自信がなかったとしても、アメリカ大学院留学 Special Packageがあれば、

↓のようになることができます。



images (4).jpg



■選考委員が納得する志願理由書を作れるようになる

■申請書類の用意に当たって不安が一切なくなる

■エラーのない洗練された文章が書けるようになる

■未来が一気に開けていくる












USAClub 山内勇樹さんは、数々の留学希望者をサポートしてきた実績があるほか、

自分自身もアメリカ UCLAに留学をしていた経験があり、どのような申請書類を用意すれば、留学を認められるかを熟知しています。


usaclub10.jpg


これまでに留学を成功させた大学はハーバード大学やスタンフォード大学を含め、有名大学がいくつもあり、

英語ネイティブの留学希望者と比べても、全く見劣りのしない書類が用意できるテクニックとノウハウを紹介してくれています。
山内さんの詳しい実績などはこちら

usaclub11.jpg













アメリカ大学院留学 Special Packageでは、選考委員の評価を下げてしまうようなポイントを全て排除し、

あらゆるところで高い評価を得られるように工夫をされています。


たとえば、志願理由書や推薦状に関しては、あらかじめ、Admission Officeに良い印象を持ってもらう単語や言い回しを数多く含んだ状態で、

既にでき上がった文章(テンプレート)が用意されていますので、それをちょっと書き換えるだけで、

簡単にハイレベルな書類を作成できるようになっています。


usaclub07.jpg


推薦状や社会福祉活動についても、同じような感じで作成することができます。


GREについては、日本人の中には苦手意識を持つ人が少なくないものの、

高得点を取るためには実は必須単語を覚えることがポイントで、USAClub 山内勇樹さんのノウハウに従えば、

1か月もあれば500点を余裕で突破できる実力を身につけることができます。




マニュアルのさらに具体的な内容については、こちらに詳しい解説がありますので、

ここではポイントをいくつか紹介をしていくと、


usaclub09.jpg



■Coherence の出し方、最大化する文章構成方法

■Personal Statementパーフェクト文章群300

■社会奉仕活動の構築プログラム

■GREverbalで600点台以上を狙う完全解説書







こうした内容となっていて、無駄に時間を使ったり、意味もない努力をすることなく、

最小限の時間と労力で、最高の書類を作りだすことができます。









usaclub08.jpg

留学を成功に導くノウハウを使って、あなたの実力と能力が英語でしっかりと伝わる申請書類を作るにはこちら













骨盤矯正ダイエット
バストアップ
遠藤和博口コミ
ゴルフ
藤井聡犬のしつけレビュー
大人のにきび跡


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。